So-net無料ブログ作成

夜叉神峠+・・・はスタミナ切れ [山歩き]

年が変わってから、近場の奥多摩(東京)・奥武蔵(埼玉)の山しか行ってないのだ。

といっても、行きたい山はまだ雪のなかで遠い、私には手が出ない山ばかり。

天目山山行以来、山歩きのモチベーションは低迷。 いまの時期はピークハントする対象の山がない。

このままでは、体力もダウンする。 そろそろ出かけてみようと思い、地図を眺めてみた。

雪山もいいがラッセルするのは御免、 余り寒くもなく 程々の山歩きを出きるところはないのか?

タイヤはノーマルしかないので、ノーマルで登山口まで行けそうな山はないかとネットで物色。 (笑)

BDSC02550.jpg
*夜叉神峠から杖立峠への登り

思案した結果は 白根三山の展望台、 夜叉神峠+。 5年前の秋に行ったことがある。

今の時期は南アルプス林道も閉鎖だろうという先入観をもっていたが、夜叉神の森までは通行が可能です。 但し、気象状況によって閉鎖もされるようです。 念のため4月連休前まではご自身で確認お願いします。

雪はほとんどなく、[車(セダン)]ノーマルエコタイヤで問題ありません。

BDSC02484.jpg

登山口のある夜叉神の森駐車場は15~20台程度。(90台?まで駐車可能)

登山口(標高1,380M)を6時半過ぎに出発。

BDSC02486.jpg

いきなりの急登で堪えるが、1時間余で峠に到着。

BDSC02488.jpg

標高1,760Mの峠にでると 一挙に展望が開け、目の前には青い空と白根三山。

北岳から農鳥岳への3千M級の山塊と稜線の眺めは圧巻である。

実際に峠から見る三山は、写真では表現しきれない迫るものがある。

こんな山景色をみると、またあの稜線にたってみたいというモチベーションが湧いてくる。

しばし三山をぼんやりと眺めながらの小休憩。 時計に目をやるとまだ8時頃。 

火事場跡まで往復してみることにした。(ヤボ用の為、夕方には帰宅しなければならないので、登山口には遅くとも14時頃には戻らなけらばならない。)

07:50 夜叉神峠から杖立峠へ。 ここまでは雪がほとんどないが、 峠から北に向かう登山道には雪が残っている。 少し登って平坦な道。 その後はずっと上りが続きます。 

尾根の西側、樹林に覆われた登山道には残った雪がアイスバーン状態。

BDSC02505.jpg 

途中でアイゼンをつけます。 たまたま4本と6本の両方を持ってきたのですが、4本爪を選びました。

今回も? ピッチが上がらない。[ふらふら]

アイスバーンで慎重に登っていることもあるが・・・・・

3週間ぶりの山歩きなのか、寝不足なのか? なぜか絶不調。

それほどの坂でもないのに、体が重く感じる。 

粉末のまずいアミノバイタルを飲んでみるが、一向に回復せず。

こんな日は無理はしない、 ペースを上げないことに決め込んでいるものの、

これでは本格シーズンでチャレンジする難関の山々を前に敗退するのは必至。

・・・・  杖立峠(標高2,150M)にようやく到着。

BDSC杖突峠.jpg

ここからまた少し下って登り返しますが、 ツルツルしてカチカチのアイスバーン状態の道が続きます。 アイゼンを効かせながら慎重に登っていくので、 ペースは上がらない。

BDSC02515.jpg

2,100Mを超えるとアイスバーンから雪の登山道となり、少し登りやすくなります。

BDSC02516.jpg

ところどころ踏み抜くところも出てきます。 

尾根の稜線にちかくなると樹間からは白根三山が見えるようになり、視界が開けてきます。

鉄パイプのケルン。 10:50 火事場跡着 絶好の白根三山の展望地(標高2,300M)。

BP1020441.jpg

もう少し頑張れば、苺平まで行けますが、空も鉛色で北岳には雲がかかっています。 

苺平は展望もないし、残り時間を考えるとその先の辻山はチョットきつい。 ここでの折り返しを決めました。

白根三山を眺めながらのランチです。

登山口から休憩を含めて4時間以上かかってしまった。[ふらふら] 
慎重に 無理しない歩きに徹しているからかもしれませんが、 この日は遅すぎ。
火事場までの標準コースタイムは約4時間弱だが、休憩を含めても3時間半程度で登るべきところです。 (シニアの方でハーハーと息を切らして必至に登っていらっしゃる方を時折お見かけますが、危なっかしく感じます。 年齢にともなった歩きのスタイルを見つけていくことも必要なんでしょう。) 

夜叉神の森から鳳凰山をピストンで日帰りされる方もいるようだ。 いつも訪問していただいているN人様なんかは日帰りどころか半日で往復。 (@_@;) これこそまさに夜叉神様、尊敬!!! 時には天は二物を与えるのだ。 
私には空荷でも無理、夢物語である。(笑)  

でも日帰りは挑戦してみたいものである。(薬師岳までの往復標準コースタイムは11時間半ほど)
小屋の営業が開始されれば、荷物をミニマムに出来る、 早朝に出発する。
そして、”スタミナドリンク”で補給。 なんとかギリギリで日帰り出来るかもしれない。
 
ついでに スタミナドリンクをチェックしてみたら、人気一位はユンケル、二位はリポビタン。

ユンケルでもピンきりがあり、一番高いのはなんと約4千円のユンケルスター(50ml)。 これを飲めば日帰りできるという保証してくれるのなら、4千円は惜しくはないが、まず半値くらいのユンケルロイヤル皇帝で試した方がいいかもしれない?
”山登りで効く”ユンケルはどれがいいのか? スタミナドリンクに詳しい方がいらっしゃるようだが、教えてください! (笑)

でも、結局は日頃のトレーニング。 三浦雄一郎のように重りをつけて歩こうか? (笑)

BP1020445.jpg

これ以上脱線するとマズイので、話を戻します。

この火事場跡、名前が良くないですね。 もう少しマシな名前をつけて欲しい。

ここでの期待は白根三山よりも富士山の眺め。 雲海に浮かぶ富士山見たさに東側の見通しの利く稜線のへラッセルしましたが、甲府盆地側はガスって見えず。 ガックリ。

BP1020448.jpg

西側の白根三山の眺めは夜叉神峠よりも500M以上高い標高2,300Mですが、空は鉛色。 青空だと稜線のシルエットがずっと映えますが、これではイマイチ。 三山の稜線への距離は夜叉神峠からと火事場跡からはほぼ同距離であるが、標高1,760Mの夜叉神峠からの方が三山が大きく見えて迫力を感じます。

北は辻山が横たわり、 鳳凰山を遮っている。

BP1020455.jpg

帰宅後調べてみたら、 辻山からは薬師岳、観音岳、アサヨ峰、仙丈ヶ岳 が見れるそうである。 
薬師岳まで行かない(行けない)方は、チョット頑張って辻山まで行ったほうがいいでしょう。

一昨年の秋、青木鉱泉より中道から薬師小屋泊、観音岳、地蔵岳と時計回りで青木鉱泉へ下山しましたが、登りの中道は時間がかかった。 北岳も苦戦。 南アルプスはキツイのか、 相性が良くないのか?
今回もスタミナ切れの山行になってしまいましたが、 眺望は楽しむことが出来ました。

コースタイム: 次回のために記録しておきます。
登山口06:30 夜叉神峠07:40-07:50 杖立峠09:30-09:40 火事場跡10:50-12:00【登り4:00歩行時間/4:20休憩含】 標準コースタイムは約4時間だが、これはマージンをとり過ぎ?
杖立峠12:30 夜叉神峠13:15-13:45 登山口14:15【下り1:45/2:15】 標準コースタイムは約2時間10分
下りはアイスバーンがやや緩んで、思ったより早く下りることが出来ました。  

以下、 夜叉神峠から白根三山のズームアップ。 まず北岳

BP1020437.jpg

未踏の間ノ岳、今年は登るぞ!

BP1020438.jpg

最も山らしい風貌の農鳥岳、ここもついでに! と意気込むがスタミナ切れになるかも。(笑)

BP1020439.jpg
nice!(55)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 55

コメント 28

PopLife

風が大変に冷たそうですね。ご苦労様でした。
by PopLife (2013-03-27 09:43) 

山子路爺

鉄のケルン……昔はなかったなぁ。
40年以上前の1月、ここでラッセルに泣いたなぁ。

by 山子路爺 (2013-03-27 09:51) 

kuwachan

真っ青な空に真っ白な雪を頂いた白根三山が素晴らしいですね。
眺めているだけでも気分がスッキリと気持ちよくなる感じがします。
調子が悪い時は無理をしない・・これが一番ですよね^^
by kuwachan (2013-03-27 12:16) 

OJJ

雪の北岳、手前の木々が何とも言えない良い風情ですね~
せめて雪の南アルプスの遠景でも見に行きますか・・
by OJJ (2013-03-27 13:45) 

koh925

お疲れさまでした
最近、1万5千歩ほど歩くと翌日は疲れが残り休息日にしないと駄目
年々歳を感じるようになってきました
まだまだ、こうして登山されている記事を拝見すると羨ましいですよ
by koh925 (2013-03-27 14:07) 

のら人

なんと!恐れ多い・・・夜叉神様とは是如何に。 (苦笑)
JETさんは薬師まで日帰り出来ますよ。「出来る!」と信じて行ってみて、でも途中で挫けたら、途中に沢山ある小屋でお泊りすれば良いのです。勿論、自分も最悪そのつもりで登ってますよ。 ^^  そんな意味でもこのルートはある程度の冒険が出来る良いルート!?とも言えますね。 ただし!この日はまだ山小屋の営業はしてない筈です。辻山まで行かないにしても、ある意味チャレンジャーですね。 何か近いうち・・・大物を狙っているような今回の山行ですね。なんだか胸騒ぎがします。(爆)
by のら人 (2013-03-27 20:59) 

joyclimb

夜叉神峠から白根三山の眺め、とても良いですね!
by joyclimb (2013-03-27 22:29) 

ゆうくん

お疲れ様でした、今回も楽しく拝見させていただきました。
今年は、もう少し難易度の高い山に長男と挑戦しようと思ってます。
Jetstream777 さんに負けずにトレーニングしないといけませんね。

by ゆうくん (2013-03-27 22:42) 

テリー

お疲れ様でした。
アイスバーンの山道を、早く歩くのは、大変ですね。
まあ、CTよりも早く歩くという目標を持って、歩くのも、いいのでしょうね。
by テリー (2013-03-27 23:09) 

tochimochi

アイスバーンの登りはペースガ上がりませんね。
おまけに踏み抜きの多い雪道ではなおさらです。
雪が少なくなればペースも回復されるでしょう。
それにしても峠からの眺めは圧巻ですね。
かつて5月にここを縦走しようとしましたが、滑落者が出てしまい間ノ岳で引き返しました。

by tochimochi (2013-03-28 07:21) 

ken_trekking

なんか調子が出ない時ってありますね。
僕はそういうときは、すっぱり止めます(^-^;
白根三山の眺め、最高です。
by ken_trekking (2013-03-28 07:44) 

tina

大きな山はまだまだ雪にすっぽりですね、
4月から急速に雪解けしそうですね。
もはや夏山enjoyしたいと思ってしまいます。

by tina (2013-03-28 12:27) 

よしころん

北岳、相変わらずカッコイイですねぇ~~ ウットリ♪
雪が消え、花々が咲いた頃、今年も行ってみたいです^^
by よしころん (2013-03-28 12:44) 

nousagi

ここも、あそこも、・・・
登りたいところたくさんありますね。
でもなかなか実現しませんが。(^_^;)
この景色、いいですね。
夜叉神峠の先まで、私も行きたいのですが・・・。
さて、Jetさんの狙っている山、気になりますね~。
by nousagi (2013-03-28 16:58) 

Terry

山登りに効くスタミナドリンクは何か?実に興味あります!山と渓谷で特集やってくれませんかねえ。
えらく疲れることが、昔は「たま~~に」だったのに、最近は「時々」になってきました。そのうち「頻繁に」になるんでしょうねえ。
そろそろ北八ツ、那須辺りに行こうかと思っています。が、踏み抜き地獄になったらヤダと躊躇してますが。
by Terry (2013-03-28 17:51) 

ひろたん

夜叉神峠は用事ができていけない山でした
行きたいです^^;

by ひろたん (2013-03-29 00:00) 

ヴェール

残雪の山。頂上まで行かず、展望を求めて途中までの山登りも大いにありですね。
さすがに、白峰三山はそれぞれどっしりとしていて風格があります。
by ヴェール (2013-03-29 09:33) 

asa

白根三山はむかし2度ほど歩きましたが、北岳の登りを思うともう無理かな、と腰が引けるので夜叉神から鳳凰山をいって北岳の壁を眺めるか、と思っているところです。そうか、行くんなら残雪のころがいいですね。
by asa (2013-03-30 10:19) 

Jetstream777

PopLife さん、 真ん中の三山をバックにした木枯れの風景は寒く感じますが、風邪はあまりありませんでした。

山子路爺 さん、 40年前ですか? ここの厳冬期は雪がスゴイでしょうね。

kuwachan さん、バックが青空だと、山でも桜でも映えますね。ここの白根三山の眺めは圧巻です。写真ではうまく表現できないので残念です。

OJJ さん、南アルプスっていろんなところから見えますが、中央高速の伊那谷に在る
駒ヶ根からの景色が私は好きです。 北岳の写真へのコメントありがとうございます。 
峠からですと、あの木々が入るんです。

koh925 さん、 街中歩きは意外に疲れますよね。多分体力のある方でも疲れます。  ゆっくり休養をとりながら散策ください。 まだまだこれからですよ。
by Jetstream777 (2013-03-30 23:28) 

Jetstream777

夜叉神峠から薬師までは小屋が空いていれば2つありますので、何とかなるでしょう。 (笑) まだ本格シーズンではないので、タフなコースはまだ先です。 蔵王からみた東北の奥深い2つの山とコース上に小屋がない新潟のあの山は今年中にチャレンジします。 宣言だけに終わるのか? (笑)

joyclimb さん、 写真以上に迫力あり。 北アルプスの稜線の眺めもいいんですが、こ
の三山の山塊の大きさは際立ちますね。

ゆうくん さん、 私は普段のトレーニングはほとんどしていませんから、バテルのです
。 (笑) より高い目標にチャレンジするのはいいことです。まだまだこれからですよ。

テリー さん、 アイスバーンを歩くのは基本的に危険なことなので、とにかく慎重に、
絶対にミスしない、転倒しないことが最重要と肝に銘じています。 まだCTで歩けるう
ちは頑張ろうと思います。 !(^^)
by Jetstream777 (2013-03-30 23:30) 

Jetstream777

tochimochi さん、 踏み抜きはあまりなかったんですが、アイスバーンでスムースに登れませんでした。 坂だけでなく、尾根~沢方向に傾斜しています。 うまい方は牛若丸のように踏破できます、tochimochiさんもその部類でしょう。 あの三山の稜線を5月に縦走というのはかなり難度が高そうです。 素晴らしい経験を積み重ねてこられたと察します。 また、教えてください。

ken_trekking さん、 調子の良くない時は、スッパリやめる。 ← 私は止めるときが
多発します。(笑)

tina さん、 今年は東北以外は早く雪が解けそうな予感。 予定を少し前倒しできるか
も?なんて 私も心待ちにしています。 !(^^)!

よしころん さん、 北岳は存在感のある山ですね。花の宝庫でもあり、私も登ってみたい。 でも、あのキツサ。私は真夏は避けたいです。 (笑)
by Jetstream777 (2013-03-30 23:32) 

Jetstream777

nousagi さん、 あのコースは、夜叉神からゆっくり上り、薬師小屋泊。天気が良ければ神々しい景観に出会えます。車でなければ青木鉱泉に下りるのがいいと思います。この山域は夏は暑そうです。 秋がお勧めです。狙っても登れない?人生と同じです。 (笑)  今年はタフな山に挑戦したいですね。

Terry さん、昨日ドラッグストアで見ましたが、一杯ありますね。 (笑) やっぱりユンケル? 今日はアミノバイタルのゼリーをのんで出発。 Terryさまのお蔭で踏み抜きは10回以内で済みました。 北八つ、那須もいいですね。
三本槍に行きたいですが、あのトラバースは通りません。(笑)

ひろたん さん、 次回の機会、楽しみにしてください。

ヴェール さん、 頂上まで行ければベストですが、日帰りですと諦めなければならない場合がありますね。 白根三山は甲府盆地からもみえる立派な稜線、もう少しアプローチが短いといいのですが・・・ (笑)
by Jetstream777 (2013-03-30 23:34) 

Umi-Bozu

このエリア、私は未踏の地なんです。毎年「何処行くかなぁ?」と悩んでTop3の候補地なのに登らずじまいです。今年も悩んで終わりそう・・・(笑)
by Umi-Bozu (2013-03-31 08:56) 

mimimomo

こんばんは^^
スタミナ切れと仰る割にはしっかり登っていらっしゃいますね^^
by mimimomo (2013-04-01 20:00) 

旅爺さん

山は杉林のような所から登り始めて・・・そんな山も多かったので懐かしいです。
雪も消えたこれからは山に入りびたりになるんでしょうね。昔が恋しいです。
by 旅爺さん (2013-04-02 06:33) 

Jetstream777

Umi-bozu さん、  車だと東京からはこの山域は意外に近いですよ。 候補にあっても登らずじまいのヤマってありますね。 (笑)

mimimomo さん、 この日は本当にスタミナ切れ、体が重く感じました。 一因は体重増? 3週ぶりでした。

旅爺 さん、 山に入り浸れるといいんですが、天気と時間が思うようになりませんね。 (笑)
by Jetstream777 (2013-04-03 23:34) 

CARRERA

北岳に続く池山吊尾根を見ると、去年の正月明けに北岳を目指して登ったことが
思い出されます。
by CARRERA (2013-04-04 22:35) 

hide

私はもっとですよ、5ヶ月ブランク作りましたから!
山を止めた思われてます(^-^;
夜叉神から薬師の日帰りかぁ~Jetさんやるでしょう。
私もユンケル飲んでやってみようかな。
でも、50mlで4,000円は凄すぎ…何入っているんだろう。
脱線話、面白かったです(^_^ゞ
by hide (2013-04-07 09:11) 

トラックバック 0