So-net無料ブログ作成

アレッチ氷河トレイル Ⅱ [海外の旅&回想]

Eggishorn 山頂駅 から眺めるアレッチ氷河。A65EM561074.JPG

* * * * * * * * * * 7月16日 アレッチ氷河トレイルⅡ

A0Xアレッチ氷河a.jpg

氷河沿いトレイルに別れを告げストラールホルンとエギッスホルンに挟まれた谷あいをメルジェレン湖 Maerjelensee に向かいます。やや緩斜面の登りになります。

A47P7160692.JPG

Maerjelensee メルィェレン湖の先には小屋が見えます。

A48EM561049.JPG

堰止められたボーダー湖 Vordersee(右)の横に小屋があります。

A49P7160697.JPG

Gletscherstube 山小屋のようですが食事も提供しています。ちょうど昼過ぎですが、ちょっと早いんでおやつでしのぎ先に進みます。

A50P7160701R.jpg

 メルィェレン湖、背後の山は氷河を挟んだアレッチホルン山群。

A51P7160704.JPG

数百メートル登って峠越えするコースもありますが、トンネルルートでショートカット。

A52P7160705.JPG

トンネルは真っ直ぐで水平ですが、照明はありますがうす暗く水たまりもありヘッドライトを点けます。御覧のように結構長いトンネルで1.2KMくらいありそうです。

A53P7160708.JPG

暗闇の中、約20分ほど歩くと出口。長いトンネルです。

A54P7160710.JPG

トンネルを出るとヴァリスの山並みが目に飛び込んできます。

A54P7160713.JPG

ヴァリスアルプスがパノラマ展望。麓はフルカ峠を源としたローヌの谷の街。ここからトレッキングのゴール地点、フィッシャーアルプまで約1時間のコースタイム。12時50分頃なので順調に進めば14時前には着きそうです。

A56EM561055.JPG

花畑です。エギッシュホルンの東を巻くように道が続きます。 

A57EM561056.JPG

北東を眺めるとこれまた大きな氷河、フィッシャー氷河。西の峰(左)はフィッシャーホルン、東の峰はフィンスターホルン標高4,274Mという高峰。ここも絶景。

A59EM561058.JPG


A60EM561061.JPG

こんな長閑なスイスらしい景色が和ませてくれます。狭い牛舎につながれて飼育される日本の牛とは違って、こんなに広々とした自然の中に放牧される牛たちも幸せでしょうね。

A61EM561062.JPG

エギッスホルン東麓、道はまだまだ続きます。真ん中やや右奥の白い峰がモンテローザ、右端のピークがミシャベルアルプスのドム。

A62P7160727.JPG

イタリア国境の山ですが、あまりにもピークが多くて山座固定は難しい。

A62EM561070.JPG

フィッシャーアルプの駅舎と集落が見えてきました。左の山はミシャベルアルプス、最高峰はドム、右の山はヴァイスホルン。その間の雲間、かすかにマッターホルンの尖塔部が見えます。

14時ごろですが、フィッシャーアルプからエギッシュホルンへロープウェイで上がります。ほとんどが麓のフィーシュからの観光客のようです。ここからは我々も観光客。

A63EM561071.JPG

エギッシュホルン山頂駅北にあるレストラン。ここで遅い昼食をとります。

A64EM561072.JPG

西の中央はアッレチホルン標高4,193M。その右がドレイックホルン、さらに右奥がユンフラウ、メンヒのようです。こんなパノラマ展望を見ながらのランチはいいですね。

A65EM561077.JPG

小屋のテラスの西側へ、氷河を見に行きます。ここは標高が2,869Mで氷河全体を眺めるには一番いい場所です。こうして山頂駅からの眺めも素晴らしい絶景ですが、間近に氷河沿いのトレイルを大自然の息吹を感じながら自分で歩くのに勝るものはありません。

A69EM561038.JPG氷河源流にあるユンフラウヨッホをズームアップして切り取りました。右上がスフィンクス展望台、左には建物があります。駅は展望台の真下の岩山の中にあります。右の方には氷河の上をトレッキングしている人が豆粒のように見えます。展望台直下にも人影が点在。

A67EM561076.JPG

アレッチホルン。この展望台は山歩きに自信がない方でもロープウェイで上がれ、360度スイスの主峰が見渡せる贅沢なパノラマ展望が楽しめます。

A70EM561081.JPG

右がヴァイスホルン。左が雲にかかったマッターホルンマッターホルンは特徴あるピラミッドの様な尖った特徴ある山なんで周辺の山からも視認しやすい名峰です。日本でいうと北アルプスや八ヶ岳岳を歩いていて槍ヶ岳を見つけて楽しくなる、徳をしたような気分に似ていますね。

A67EM561078.JPG

エギッシュホルン山頂が見えます。山頂へは往復1時間ほどですがスキップし予定どおり下山します。

A75P7160742.JPG

ロープウェイからは尾根のピークに取りつくクライマーが見えます。

A76P7160744.JPG

フィッシャーアルプで乗り継いで、麓のフィーシュへ。

A77P7160747.JPG

ロープウェイ駅からMGB(Matterhorn Gottard Bahn)フィーシュ駅まで徒歩で約10分。タイミング悪く次の列車まで30分近くありました。この路線は氷河急行 Glacier Express も運行しています。ここからMGBでベッテン駅まで移動、ここで本日のトレッキングツアーは終了。車をピックアップしてBurchenに戻ります。

* * * * * * * * * *

7アレッチ氷河トレイル_ヤマレコ.jpgBettenからFieschまでの総移動距離は約26KMですが、GPSのトラックを見ると、このうち歩行距離は約14~15KM、歩行時間は約4時間半でした。参考までですが、Bettmerhorn駅からFiescheralpまでの標準コースタイムが約4時間と表示されていましたので、極端にコースタイムに対して後れをとったということはなかったようです。氷河沿いのトレイルで、写真を撮ったり花を眺めたりで時間をとられました。ここがトレッキングのハイライトなのである意味ではいい遅れ方です。メルジェレン湖からフィッシャーアルプまでは長く感じましたが標準コースタイム内に収まってます。でも、このコースでタイム云々は野暮なことですね。(笑) あと、氷河沿いのトレイルは落石には十分気をつけて歩くことです。

晴天にも恵まれ、壮大で圧倒されるようなアレッチ氷河沿いのトレッキングは爽快で、氷河がつくりだす自然と景観は驚異の世界でした。融雪の水と土壌に育まれた高山植物や花々にも出会い、圧巻の氷河と取り巻くアルプスの峰々を見ながら歩くことが出来た幸運に感謝したいと思います。後半のエギッシュホルンを巻くように続くトレッキングではのどかなスイスの牧歌風景とヴァリスアルプスの大展望を満喫。最後は山頂からの天空感一杯のパノラマ展望と素晴らしい一日でした。

nice!(53)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 53

コメント 19

mimimomo

おはようございます^^
本当に素晴らしい一日ですね~
トンネルは一人だとちょっと怖いような感じです^^
まさに大河のような氷河、「河」と言う名が付くはずですね。凄い!
by mimimomo (2019-09-05 06:08) 

テリー

素晴らしいトレッキングでしたね。天気に恵まれて、最高でしたね。
by テリー (2019-09-05 10:07) 

g_g

想像を絶する展望、そして大氷河、言葉で言い荒らせない素晴らしさですね。
ドローンを飛ばすことが出来たら、もっと贅沢な景色が見られるのでしょうね。
by g_g (2019-09-05 17:57) 

tochimochi

エギッシュホルン山頂駅からの氷河の眺めは素晴らしいですね。
ここまでロープウェイで上がれるとは楽しすぎです。
雪氷を抱いた山々の展望も迫力ありすぎです。
峠越えをショートカットできるトンネルというのも驚きですね。
観光のスケールが違うと感じました。
by tochimochi (2019-09-05 20:23) 

OJJ

圧巻の雪山と氷河の景色を晴天の中で歩かれた幸運(決して単なるツキじゃない)をお喜び申し上げます。お蔭様で素晴らしい景色を堪能させていただきました。
このトンネルだけは遠慮しときます。出口に本当の桃源郷が有っても・・・
by OJJ (2019-09-05 21:07) 

achami

あ〜またもやため息(笑)
1.2キロのトンネル、ちょっとスリリングです^^
壮大な風景を見ながらのランチ、いや〜贅沢だぁ〜♪
by achami (2019-09-05 22:01) 

JUNKO

家でごろごろしている生活と何という違いでしょう。素晴らしいですね。
by JUNKO (2019-09-05 23:37) 

asa

素晴らしい、の一言に尽きる風景ですね。いつか、あの氷河を見てみたいもの、と思っています。
by asa (2019-09-06 10:45) 

のら人

これは、まさに西洋タンポポですかね。^^
by のら人 (2019-09-06 18:50) 

koh925

ブログ開設10年の記事にコメント、有難うございました
次の10年後は、なにしろ92歳です、とても難しいと思っています
by koh925 (2019-09-06 20:16) 

kazeneko

大氷河の絶景かな絶景かな!
by kazeneko (2019-09-08 08:58) 

Jetstream

mimimomo さん、記憶に残るい一日でした。こんなに長いトンネルがある登山コースは珍しいですが、照明が暗くヘッドライトで進むのは探検気分です。(笑)

テリー さん、 天気のいい日にアレッチ氷河と決めてました。

g_g さん、 最近山の番組でドローンをよく飛ばしてますね。氷河の真上をドローンで撮れたらいいですね。
by Jetstream (2019-09-08 15:52) 

Jetstream

tochimochi さん、2,800Mの高峰まで運んでくれて天上の眺めを楽しめるのはやはりスイスです。自然破壊に繋がりかねない日本で同じように出来るか疑問ですが、富士山に登山鉄道を建設するなんて話もあります。観光という見地では、それもありかなと思います。 峠下を通るトンネル、これもアイデアですね。(笑)

OJJさん、 トンネルはちょっと不気味かも? トンネルのどちらもいい風景ですが、峠に出ればさらに素晴らしい絶景に出会えるかもしれませんね。

achami さん、パノラマ展望付きランチは贅沢でした。!(^^)! トンネルは幸い真っ直ぐで出口の光が見えますが、曲がっていたら憚るかも。(笑)

JUNKO さん、戻ってみると日常とはかけ離れた別世界です。そんな旅をまたしてみたいですね。
by Jetstream (2019-09-08 15:53) 

Jetstream

asa さん、アレッチ氷河が入っているツアーもあるようです。サンモリッツからツェルマットへの氷河急行の途中駅なんで、いつかぜひ訪れてください。

のら人 さん、タンポポやスミレはどこでも同じように似た花がありますね。

koh925 さん、けっしてそんなお歳にはみえない元気ぶりです。これからもご健勝を願っています。

kazenkeko さん、世界に絶景は数々ありますが、ここは文句のつけようがない絶景ですね。しかもアクセスが楽です。
by Jetstream (2019-09-08 15:53) 

michi

アレッチ氷河トレイルも歩いたんですね。私は遠くから眺めただけですが、雄大な自然の中を歩くトレッキングは、別世界なんでしょうね。“文句の付けようにない”絶景の連続だったでしょう。
by michi (2019-09-09 10:54) 

nousagi

カレンダーか絵葉書のような景色が続くのに
真っ暗なトンネル1.2kmですか。
ここを20分も歩くなんてちょっとゾクゾクします。(^^;)
by nousagi (2019-09-09 15:51) 

momotaro

貴重な景観の貴重な写真の数々、ありがたく拝見しております!
by momotaro (2019-09-10 04:41) 

kuwachan

すっかりご無沙汰してしまいました。
お天気も素晴らしく爽快感たっぷの眺めですね。
山の上でのランチは美味しかったことでしょう。
by kuwachan (2019-09-10 17:28) 

Jetstream

michi さん、ゴンドラで上がれるエギッシュホルン山頂からの眺めも素晴らしいですが、氷河沿いのトレッキングコースを歩くことが出来てよかったです。素晴らしい自然の造形に唖然です。

nousagi さん、トンネルの入り口も出口も素晴らしい眺め、それをつなぐトンネルも神秘的でした。

momotaro さん、 拝見戴きありがとうございます。自分で歩いた先にある光家は代えがたい体験となりました。

kuwachan さん、山頂でのランチ、スープとパンという質素なもんですが、取り巻く眺めはとてもおいしいおかずになりました。!(^^)! 素晴らしい一日で、またこんな日が訪れることを願っています。
by Jetstream (2019-09-10 21:52)