SSブログ

ロシア上空飛行回避でどうなるだろう [日々の雑感]

GE_FLT_JLANSX.jpg

ロシアのウクライナ侵攻でロシア上空の飛行を停止しています。歴史は冷戦時代に逆戻りするかの様相で多方面に影響が及んでいます。

ロシアのウクライナ侵攻に伴い欧米の航空会社がロシアへの乗り入れ及びロシア上空の飛行を停止しています。日本のANAとJALもロシア上空を回避する航路で欧州路線を運航するようになりました。この余波と影響、今後どうなるのか。旅行・商用といった人の往来や輸出入・物流に大きな影響が及ぶと思われます。いつも拝見させて戴いている方の記事を拝見し、アプリ Flight Rader 24 をダウンロードして飛行状況を見てみました。3月9日時点でロシア上空を飛行しているのはロシア、中国の航空会社。そしてちょっと奇異なのが韓国の大韓航空が飛行していることです。欧米とは共同歩調をとらないのでしょうか?

Screenshot_A2.png 

JALは北回りルート。90年代初めまで北回り・アンカレッジ経由で運航していた経験と実績もあり、東京からカムチャッカ半島沿いをアラスカまで北上し、グリーンランド、アイスランド上空を飛んでロンドンへノンストップで運航しています。ロンドンをハブにしてBAで各都市へ向かうことになります。東京発が約15時間半、ロンドン発が16時間半と従来のロシア上空便よりも3~4時間余分に飛行時間がかかるようで、パイロットも2編成(4名搭乗)とのことです。

Screenshot_A1.png

ANAは中央アジア上空を飛行する南回りルートで運航中(フランクフルト線とブリュッセル線)。東京からソウル、北京からチベット、カザフスタンからカスピ海上空を通りアゼルバイジャン、トルコ黒海沿いからフランクフルト、ブリュッセルへノンストップで運航しています。欧州のほとんどの航空会社はこの中央アジア南回りルートで運航しているようです。東京発が約15時間半、フランクフルト発が約13時間とJAL北回りに比べると速いスケジュールになってますが風向き等で変わる可能性あるようです。ワクチンはANAブラッセル便で輸送されてくるようですが供給に支障がでないことを願います。

正式なフライトスケジュールは各航空会社のサイトでご確認ください。

もう一つは中東ルートです。この場合の中継地はドバイとドハです。東京からドバイ、ドハまでが約10時間前後、そこから欧州の都市まで約6時間半~7時間、乗継時間を含めなければ搭乗時間は17時間くらいです。

Flight Rader 24 で大雑把に飛行ルートを追って、GoogleEarthで切り出した地図にトラックを描いて以下のようにイメージしてみました。

GE_FLT_R_N_S_MXF2.jpg

また、メディアの記事や情報より個人的な推測も含めこんごの動向を読んでみました。

北回りルートでは冷戦時代に大韓航空がカムチャッカでソ連機に撃墜されたこともあり、一定の距離をとらないとリスクもあります。更に16時間以上も無給油で飛べるかという不安と機体トラブル時での緊急着陸先が必要で、アンカレッジでの給油と降機という可能性もあるかもしれませんね。

南回りは中央アジアの旧ソ連圏の国々の上空を通過するので、今後の展開ではもう少し南下したコースどりを強いられるかも得るかもしれません。

日本発と欧州発での飛行時間の違いはジェットストリーム(偏西風)の向きと流れで左右され、季節によっても変わるようです。いわゆる追い風か向かい風かにより飛行速度が変わります。北回り(北極圏に近い)ルートでは日本発(往路)の飛行時間が短く、南回り(中央アジア)ルートは欧州発(復路)の飛行時間が短いということになります。JALは欧州発の北回り復路が3時間半ほど多くかかるので、復路は中央アジアルートでの運行を検討しているようですが通過地域各国への飛行申請許可が必要です。

中東ルートはドバイ(エミレーツ)ドハ(カタール)で乗り換える必要がありますが、欧州都市への直行便ネットワークが充実していて個人旅行される方ならメリットがありそうです。日系航空会社が就航していない都市へ行く場合、時間差は縮まります。

いずれにしてもロシア上空ルートよりも遠回りで時間とコストがかかり、燃料費も高騰するなか航空会社にも厳しくなるでしょう。また乗客も16時間前後も機内で過ごし続けるのは過酷、エコノミークラス症候群が多発しそう。個人的には今までの12時間くらいが搭乗時間の限度であってほしいとは思いますが、歳とともに反比例となりますね。

新型コロナもいづれは収束し航空需要は再拡大すると思われますが、ロシアでプーチン政権が権力の座に留まる限り冷戦時代に逆戻りする可能性もあり。グローバルな人の交流・モノの移動が縮小し品不足・コストアップで世界経済も大きな影響を受け、航空燃料の高騰で更に航空運賃や物流コストは上昇すると思われます。

新型コロナ禍での閉塞感に加え、ロシアのウクライナ侵攻での各方面への影響が及んでいます。世界の分断が進み、内向き指向が続くなら残念です。

なによりも、これ以上人命が失われるのは悲痛です。  STOP PUTIN, NO WAR!

「アンカレッジ空港のうどん屋」伝説を懐かしむ声もあるようですが過ぎ去った時代のこと、冷戦時代に逆戻りしないことを願うばかりです。

nice!(34)  コメント(21) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 34

コメント 21

八犬伝

航空会社にとっては、コロナに燃料増加とダブルパンチですね。
でも、ロシアの上空は怖くて
当分の間、無理でしょう。
JALがアンカレッジ周りにしたのは知っていましたが
そうですか、これはノンストップフライトなのですね。
長いですね。確かに、かなり疲れそうです。
2年前の12月に、イベリアでマドリッドまでノンストップで飛びましたが、その時で15時間くらいかかったかな。
かなり疲れました。
by 八犬伝 (2022-03-11 21:48) 

kuwachan

ロシアの上空を飛べるようになってヨーロッパまでの飛行時間がぐっと短くなりましたが、また逆戻りになりそうですね。コロナが終息したとしても厳しい状況が続きそうな気配がします。エコノミー愛用者なので(笑)飛行時間は短いことに越したことはありません。
by kuwachan (2022-03-11 22:11) 

斗夢

Tvは物価値上がりなどで国民は大変だと報じていますが、
ウクライナの現状(TVで見た限り)と比べたら何を云っているかと思います。
一日2食でも御の字ではないかと。
by 斗夢 (2022-03-12 05:57) 

ハイマン

色々なところに影響がでていますね。
一刻も早く平和が戻ってきてほしいです
by ハイマン (2022-03-12 07:28) 

tochimochi

GoogleEarthで見るとロシア上空経由コースが最短であることがよく分りました。
1人の独裁者のために世界中に影響が及んでいます。自国に都合の悪い事はフェイクニュースと言って国民に知らせない、報道すれば逮捕される、こんな事が現在でも行われている国とは知りませんでした。
一刻も早い解決を待ち望んでいます。
by tochimochi (2022-03-12 08:04) 

ファルコ84

ロシアは、去った外国の全ての企業を国有化すると言っています
どのようになることやら
本当に以前の冷戦状態にならぬことを願うばかりです。
by ファルコ84 (2022-03-12 08:12) 

いろは

こんにちは^^
以前はアンカレッジ経由でしたね。
時間が長くて大変でしたね。
戦争が長引けば色々な事に支障が出てきますね。
by いろは (2022-03-12 15:11) 

ma2ma2

プーチンは振り上げた拳を下ろせない状況になっちゃいましたね。
ロシア上空はC国とK国だけ飛んでいますね。
by ma2ma2 (2022-03-12 17:03) 

Jetstream

こんばんは、ウクライナの平和に向けた皆様のコメント、ありがとうございます。

八犬伝 さん、JALの北回り、ノンストップ?が出来るのかなと思いましたが最近の機種は省エネで積載量を減らせば運航できるかもしれませんね。
コロナで旅客が激減し、ロシアのウクライナ侵略でロシア上空回避、燃料高騰と厳しく航空需要の回復も?ですね。マドリッドまでの15時間、頑張りましたね。
北回りの16時間、途中降機もないのはキツいと思います。

kuwachan さん、コロナ+ロシアで散々ですね。年配の私には旅行が遠のきます。個人向航空運賃も値上がり、減便で、時間はかかるでは出かけづらくなりますね。;;;

斗夢 さん、生死に瀕しているウクライナと国民に連帯、支援したいですね。私たちは内向きにならず、対ロシア制裁に伴う影響を共有し、反プーチンのメッセージを発信していくことだと思います。

ハイマン さん、平和が戻って欲しいですね。紛争が停止してもプーチンが政権の座に留まる限り以前の状況に戻るのは難しいと感じます。
by Jetstream (2022-03-12 20:24) 

Jetstream

tochimochi さん、GoogleEarthで見ると米露が対峙しているのは北極海越しで興味深いです。船の航路も北極ルートが検討され地政学上での要ですね。2000年代に仕事でロシアへよく出かけましたが、市場経済で自由が許容されていました。プーチンの長期独裁化で歪んだ専制社会主義に逆戻りの様相で、言論の自由と報道の公正さの重要性を再認識します。今の露は北朝鮮となんら変わらない国に堕ちたように思えますね。

ファルコ84さん、ロシアはプーチンによってスターリン時代に戻ったかのようです。なんとかならないのかと願うばかりです。

いろは さん、コロナに目途がつけば旅に出かけたいと願っていましたが、遠くなりつつあります。露のウクライナ侵攻での影響は大きいですが、内向きにならないようにしたいですね。

ma2ma2 さん、露プーチンは自分の描いたシナリオの結末を見誤ったと思います。中国は露の友好国なのでロシア上空飛行は頷けますが、韓国はカムチャッカでソ連の戦闘機に大韓航空機が撃墜されたことを忘れたかのようです。韓国新政権は全面的に見直して欲しいですね。
by Jetstream (2022-03-12 20:35) 

achami

どこの着地するのか。
狂った独裁者を、誰か止めてくれ〜〜!!
どう考えても、あのオッサン、頭可笑しい、いやCrazyです!
by achami (2022-03-12 21:14) 

Jetstream

achami さん、ホントPはクレイジーな戦争犯罪者、こんな人物に圧力と対話では全世界の犠牲が大きすぎますね。止められるのはイーサンハント、ジェームスボンド、バットマンくらいしかいないです。;;;
by Jetstream (2022-03-12 21:32) 

テリー

15時間の飛行は、大変ですね。はやくプーチンが失脚するのを願うしかないですね。
by テリー (2022-03-12 23:19) 

Jetstream

テリーさん、プーチン体制が崩壊しないと元には戻らないでしょう。15~16時間の搭乗はToo Much! いい方策があればいいんですが・・
by Jetstream (2022-03-13 09:57) 

OJJ

北周りにしろ南周りにしろ、まかり間違えばガス欠や撃墜の心配まで出てくるようでは困ったことですね~良く分からんのは中欧から東欧・ロシア似たような民族なんでしょ???プーチンは帝になりたいのかな・・
by OJJ (2022-03-13 13:48) 

伊閣蝶

大変貴重な記事で、非常に教務深く拝読しました。
今回の、プーチンによるウクライナ侵攻の影響は、おそらくこれからが本番と思います。
私たちも心して臨まなければと思います。
しかし、ウクライナの人たちの艱難辛苦を思えば、断固とした態度で立ち向かうべきと思います。
冷戦時代に戻るということは旧ソ連体制に戻るということ。
おそらく今の若いロシア人世代はとても耐えられないのではないでしょうか。
ましてや、そのころのことを経験した世代も、もう戻りたくないと思うことでしょう。
それに期待したいと思います。
by 伊閣蝶 (2022-03-13 17:21) 

momotaro

さすが Jetstream さん、心はいつも雲の上なんですね。
ロシア上空が飛べないと、ヨーロッパが遠くなっちゃいますからね。
by momotaro (2022-03-13 20:55) 

ぼの

プーチンのプーチンによるプーチンのための侵略…。
もうどうしようもないかもですね。
ウクライナや世界各国からのSNS発信を多くのロシアの人たちが知り、
内側からの圧力でプーチンを失脚させることができれば…。

by ぼの (2022-03-14 00:25) 

Jetstream

OJJさん、欧州は遠くなりましたね。欧州もいまや人種のるつぼと化して入り混じっています。プーチンはスターリンかヒトラーの再来の如く、厄介者が復活です。

伊閣蝶 さん、今回の侵攻というか侵略で大きな影響が及んでいます。世界破滅もいとわない狂った為政者への対応は難しいですね。プーチンが居続けると冷戦時代に戻るでしょう。クレムリンを埋め尽くすロシア国民の眼ざめを私も期待したいです。

momotaro さん、コロナも収束方向に向かうと期待していましたが、新たな難題が出てきてしまいましたね。どちらも早く終息して、また出かけたいですね。

ぼの さん、他の方のコメントのように、ソ連時代とは環境が変わって元に戻れ切れないところがあるので、早々に破綻しそうな気もしますが。。これ以上人命が失われてはならないですね。
by Jetstream (2022-03-15 11:12) 

nousagi

コロナで世の中どうなってしまうんだろうと思ったのですが
今度は、ロシアのウクライナ侵攻。
胸が痛みます。
by nousagi (2022-03-15 19:33) 

Jetstream

nousagi さん、こんばんは! コロナで閉そく感が続くも、少しずつはインフル化のきざしもあり、それなりのあきらめと付き合い方があると思って収束を期待してました。今度はウクライナ侵攻で人命が奪われ悲しみとともにいらだちを覚えます。はやく収束を切望。
by Jetstream (2022-03-15 20:43)